ムダ毛を減らすためには医療脱毛やエステ脱毛を利用するのがオススメです。

いずれも業務用の脱毛機を使用し、セルフ脱毛を超える脱毛効果を発揮してくれます。

医療脱毛とエステ脱毛は性質が異なるので、両者の違いを把握した上で自分に合ったものを選んでください。

医療脱毛とエステ脱毛は同じではない

医療脱毛とエステ脱毛は名前が違うだけで同じものと認識している方が多いようです。

いずれも脱毛機を使用して処理する点は同じですが、照射装置がレーザーか光かの違いがあります。

レーザー脱毛機は医療機器のため医療機関でしか取り扱いができません。

これに対して光を使用した光脱毛機は美容器具のため、医療従事者を必要としないエステでも使用できるのです

。脱毛料金は1回あたりで見るとエステのほうが安く、完了までの総費用で比較するとクリニックのほうが安くなることが多いです。

医療脱毛は1回あたりの効果が高いので、短期間でツルツルにしたい方にオススメします。

それぞれの特徴を把握しておこう

医療脱毛を行えるのは医療従事者に限定されており、医師や看護師が施術しています。

医療レーザーにはさまざまな種類があり、アレキサンドライトレーザーやルビーレーザー、ダイオードレーザーなどがよく使われています。

高出力で毛母細胞を破壊してムダ毛を半永久的に生えてこないようにできるのがメリットです。

それゆえ永久脱毛と呼ばれており、医療機関でのみ受けることができます。

エステ脱毛より痛みが強いのはデメリットと言えますが、最近のレーザーは痛みを抑えたタイプが増えており、最新マシンを使用している医療脱毛なら痛みはエステと大差がありません。

エステ脱毛はエステティシャンが施術しており、原則として医療資格は所有していません。

稀に元看護師がエステティシャンとして働いているケースはありますが、事例としては少ないものです。

エステではフラッシュやIPLなどの光を使用し、ムダ毛を弱らせて減毛していきます。ヒゲやVIOなどの頑固なムダ毛には医療脱毛がオススメですが、それほど濃くないボディの脱毛はエステ脱毛で完了されている方が少なくありません。

エステ脱毛は1回あたりの料金が安く、肌への刺激が弱いのがメリットです。

一方で脱毛完了までの費用で見ると高くなること、永久脱毛ができないことなどはデメリットと言えます。

相性によって医療脱毛とエステ脱毛を選んでいく

医療脱毛とエステ脱毛にはそれぞれメリット・デメリットがあり、肌質・毛質・料金などによって最適な方法は変わってきます。

どちらがオススメとは言い切れず、医療脱毛を例にしてもクリニックによって使用する脱毛機の種類や施術者の技術力に違いがあります。

交通の便の問題もあり、近場に医療脱毛を受けられる場所がなければエステ脱毛を選ぶのが現実的な手段でしょう。

最終的に自分との相性や通いやすさで決めるのが得策ですが、費用対効果で考えるなら医療脱毛のほうがいい場合が多いようですね。

医療脱毛は強力な脱毛機を使用して医師や看護師が施術してくれるので、脱毛効果・安全性ともに高いです。

医療脱毛を考えている方は最新の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶこと、脱毛難易度の高いヒゲ・VIO脱毛を得意としていること、などをポイントにクリニック選びをしてください。

最新マシンは旧マシンの欠点が解消されており、痛みが弱くて処理時間が短いなどの特徴があります。

脱毛回数は1回から受けられるところが好ましく、ムダ毛の減り具合に合わせて微調整しやすいです。

医療脱毛は美容皮膚科・美容整形など、皮膚科や美容クリニックなどで受けることができます。

医療脱毛とエステ脱毛の違いを知っておこう

医療脱毛はレーザー、エステ脱毛は光を使用してムダ毛を処理するのが特徴です。

前者は医師や看護師、後者はエステティシャンが施術をします。

自分の肌や毛の状態、料金体系を考慮して自分に合った方法を選ぶのが得策ですが、費用対効果で見ると医療脱毛が優れていると言えます。

 

フォーシーズンズ美容皮膚科の認可

【厚生労働省受理クリニック】

再生医療第2種

自家培養真皮繊維芽細胞移植術

【移植施設クリニック】

フォーシーズンズ美容皮膚科

兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1

金沢三宮ビル8階

電話078-321-1121