30代や40代くらいになってくると、ほうれい線が気になってくる人も少なくありません。

ほうれい線は正しくケアすれば、改善することも可能です。

ほうれい線が気になっている人のために、ケアの方法を3つ紹介します。

ほうれい線の主な原因を紹介

ほうれい線ができる主な原因は、ストレスや加齢、喫煙などです。

仕事や私生活のストレスが、ほうれい線の増加に深く関係しています。

ストレスを感じると血の流れが悪くなり、老廃物がたまるため、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。

また、30代や40代になってくると加齢によるたるみも無視できません。

頬の筋肉は、年齢が上がるとともに徐々に衰えていきます。

それは仕方のないことですが、ある程度は抑止することが可能です。喫煙も血管の収縮に繋がるため、ほうれい線のできる原因になります。

老廃物が排出されにくくなり、老化が進むのです。

他にも、肌の乾燥や生活習慣の乱れが影響することもあります。

乾燥しやすい肌の人は保湿しよう

ほうれい線をケアする上で、原因を見極めることも大切です。

例えば、空気が乾燥する冬になるとほうれい線が目立つ人は、乾燥が主な原因である可能性が高いです。

そういう場合は、しっかりと肌を保湿することで目立たなくすることができます。

乾燥肌の人のほうれい線は深くなるのに対し、潤った肌の人は薄くなるためです。

乾燥によるほうれい線は、たるみなどが原因でできるほうれい線とは別物であるため、30代前半くらいの若い人でもなる可能性があります。

乾燥しやすい肌の人は、化粧水を利用するようにしましょう。

一年中化粧水を使っている人の中には、同じ物を使用している人もいるかもしれませんが、冬場に効果が薄いようでしたら、冬の間だけでも少し高価な化粧水に切り替えると良いでしょう。

配合されている成分によって、より保湿に優れた物もあります。

また、加湿器などを併用すると効果的でしょう。

ほうれい線は誰にでもあるものです。

乾燥肌の人は空気が乾燥すると目立ちやすくなるというだけなので、乾燥肌の対策を十分に行っておけば、目立ちにくくなります。

顔のマッサージを毎日の習慣に

ほうれい線のできる原因と血行は深く関係しています。

そのため、顔をマッサージしたり、表情を動かす運動をしたりして、血行を良くすることは改善に繋がります。

ほうれい線を消すために行う顔の運動は、全身を動かす運動と違い、テレビを見ながらでも可能です。

さまざまな方法がありますが、基本的に1日に10分程度でできるものが多いです。

重要なのは毎日繰り返し行うことなので、自分にとって負担の少ないマッサージの方法を選びましょう。

例えば、入浴中に必ず行うというふうに決めるのも効果的です。

入浴するたびに顔のマッサージをするようにすれば、忘れにくくなります。

マッサージをする際は、力を入れすぎないことが大切です。

ほうれい線ができるということは、皮膚が弱っている可能性が高いからです。

弱った皮膚を強く引っ張ったり、つまんだりすれば、肌を傷つけてしまい、余計にほうれい線を深めてしまう可能性もあります。

ほうれい線は強く引っ張ればなくなるというものではありません。マッサージは、優しく丁寧に毎日繰り返すことが大切なのです。

早く確実に治したい人は美容皮膚科を利用しよう

ほうれい線を確実に治したいという人は、美容皮膚科に行くと良いでしょう。

ほうれい線をケアするさまざまな方法について、詳しく聞くこともできます。

例えば、フォーシーズンズ美容皮膚科は、治療を行う前に、患者の持つ疑問や不安をなくすことに力を入れています。

美容皮膚科や再生医療などのさまざまな分野の専門医が集まっているので、きっと疑問に納得のいく答えを返してくれるでしょう。

ほうれい線の改善をできるだけ早く行いたい人は、美容皮膚科の治療を受けるのが最適です。

ほうれい線は放置せずにケアすることが大切

ほうれい線が気になる人は、そのまま放置するのではなく、肌をケアすることが大切です。

例えば、肌が乾燥しやすい人は保湿すると効果的です。

また、顔のマッサージを毎日の習慣にすることも重要です。少しでも早く確実に治したいという人は、美容皮膚科を利用しましょう。

 

ほうれい線についてはこちら

https://four-seasons.jp/faceup/

 

フォーシーズンズ美容皮膚科の認可

 

【厚生労働省受理クリニック】

再生医療第2種

自家培養真皮繊維芽細胞移植術

【移植施設クリニック】

フォーシーズンズ美容皮膚科

兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1

金沢三宮ビル8階

電話078-321-1121