美しくありたい、多くの女性はこういう願望を持っていると思いますが、そのために、いろいろと努力をしていますよね。

その中でムダ毛処理という問題は、女性にとって永遠の悩みなのではないでしょうか。

そんな悩める女性のために医療レーザー脱毛による永久脱毛について徹底解説します。

気になる部位でも全身でも可能な医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛と聞いて、どんな脱毛方法を思い浮かべるでしょうか。

医療レーザー脱毛は、ムダ毛を一本一本脱毛する訳ではなく、専用の脱毛器を使い脱毛部位に、毛根のメラニン色素に反応するレーザーを照射して、毛根の再生組織を破壊する脱毛方法です。

基本的には脱毛部位に医療レーザーを照射するだけなので、一般のレーザー治療と比べても、全身脱毛はもちろんですが、気になる部位だけの部分脱毛にも使えます。

医療レーザー脱毛の最大の特徴は、永久脱毛が可能なことです。

なぜ永久脱毛が可能かというと、脱毛部位に毛を成長させる毛母細胞を破壊できるほどの高出力なレーザーを照射するからです。

このように高出力なレーザーを照射するので、一度の施術で得られる脱毛効果が高く、通院回数が少なく済むことも特徴の一つです。

エステでなく、クリニックで受けた方が資格を持っているケースが多いので安心です。

医療レーザー脱毛の痛みに関して

「強いレーザーを脱毛部位に照射する」なんて聞くと、痛そうで不安を感じる人もいるかもしれません。

確かに、一昔前の医療レーザー脱毛では、耐え難い痛みを感じる脱毛器もありましたが、最新の医療レーザー脱毛器では感じる痛みも最小限になるように改善されています。

このような痛みを最小限に抑えることが可能な、最新のレーザー医療脱毛器の代表機種がメディオスターです。

メディオスターの特徴として、これまでの医療脱毛器は高出力レーザーを照射していたのに対して、メディオスターは弱い出力のレーザーを細かく照射することで痛みを和らげることができます。

また、従来の医療脱毛器は肌から深い位置にある毛母細胞に照射していたので、やけどや炎症などの肌トラブルが起こる場合がありましたが、メディオスターは弱いレーザーを肌から浅い位置にある発毛因子に照射するので、肌トラブルを起こしにくく痛みも軽減されています。

 医療レーザー脱毛とエステの脱毛は何が違うの?

よく比較される医療レーザー脱毛とエステ脱毛ですが、永久脱毛施術が可能なのは医療レーザー脱毛だけ、という決定的な違いがあります。

どちらもレーザー脱毛器を使用して脱毛する点は同じですが、エステ脱毛では弱い出力のレーザー脱毛器しか使えません。

弱いレーザーなので毛母細胞や発毛因子を破壊することができないため永久脱毛ができないのです。

対して、医療レーザー脱毛は医療従事者のみが使える高出力なレーザー脱毛器を使用できるので永久脱毛が可能です。

医療レーザー脱毛は毛の再生率を低くする、エステ脱毛は一時的に減毛する、こんな違いがあると言えます。

以前より気軽に受けられる医療レーザー脱毛

年々、医療レーザー脱毛は気軽に受けることができる身近な脱毛になってきています。

この要因として、医療レーザーを一度の施術で広範囲に照射できる脱毛器へと進化し、施術に要する時間を短縮できたことで費用を抑えることが可能になった点が挙げられます。

加えて、脱毛器の進化で施術時に感じる痛みが大幅に軽減されたことも、医療レーザー脱毛をより身近な脱毛方法にした要因です。

費用を医療レーザー脱毛とエステ脱毛とで比べると、一回の施術費用だけを見るとエステ脱毛の方がリーズナブルです。

しかし、脱毛効果を得るまでに複数回の施術が必要になってしまうため、一回の施術で脱毛効果を得られる医療レーザー脱毛の方が施術回数が少なく済み、トータルでは医療レーザー脱毛の方が安くなるので気軽に受けられる脱毛です。

医療レーザー脱毛は気軽に受けられる

医療レーザー脱毛を受けたいという人でも不安はありますよね。

そういう人のために、多くのクリニックで無料カウンセリングを実施しています。

施術費用や使用している脱毛器など詳しく説明してくれるので、一度足を運んでみてはどうでしょうか。