朝起きたら急に目の下が真っ黒!みなさまもそんな目の下のクマに対して悩んでいませんか?

クマができても原因や対策がわからず困ってしまいますよね。

目の下のクマには実は種類があり、それに対する予防方法と改善するための方法があります。

多くは睡眠不足が原因に挙げられますが、実はそれ以外にも原因が実はあるんです。

目の下のクマの原因は?

目の下に出てしまうクマの原因は、睡眠不足以外にもたくさんあります。

まず原因は目の下のクマの種類によって異なるということを覚えておきましょう。

クマの種類は一まとめではなく、以下の3つの種類に分けられます。

  • 茶クマ
  • 青クマ
  • 黒クマ

クマはこのように分けられ、それぞれの種類のクマに引き起こすための原因があるのです。

さっそく種類別に原因を見ていきましょう。

まず茶クマですが、色素沈着してしまうということが大きな発生の原因といわれています。

一度色素沈着してしまうと、できてしまったクマは簡単に消えてくれません。

色素沈着が発生してしまう原因として挙げられるのはメラニンの生成です。

メラニンを生成してしまうのは紫外線によるところが非常に大きいので注意しましょう。

2つ目に青クマです。

青クマというのは血行不良により発生してしまうことが多いクマで、睡眠不足や疲労などの原因により結構不良を引き起こし発生してしまうのが青クマです。

寝不足でおこってしまうというクマは、実はこの青クマに該当します。

3つめに黒クマがあります。

黒クマは目の周りが黒くみえてしまうクマで、目の周りの筋肉の衰えやたるみが原因で引き起こされるので、年齢と共に老化現象の一つとして出てくる方が多いです。

ある程度年齢を重ねた方にクマが多いのも老化による原因が多いといえるからでしょう。

 

以上の通りクマには種類があり原因は一つだけではありません。

種類に応じて対策は異なるので、自分のクマがどのクマに該当するのかをまずは判断してみましょう。

目の下のクマの対策方法

目の下のクマの予防には、種類に応じてのその原因を予防する対策が必要です。

一つづつ見ていきましょう。

茶クマの予防には色素沈着を引き起こすメラニン生成を抑えることが必須になります。

茶クマを作りたくない!という方は特に夏場は意識して紫外線対策をしましょう。

肌の弱い方はより心がけなくてはなりません。

またできてしまった茶クマの対策には、ビタミンC配合の美白美容液の活用なども有効な手段です。

青クマの予防には血行不良を改善する対策が有効で、血行をほぐすようなマッサージなどは効果的な方法といえるでしょう。

蒸したタオルなどで目の周りを暖めてあげることも予防になります。

黒クマの場合は目の下の筋肉のトレーニングを意識して行ってあげると予防には効果的です。

ただ老化現象は完全に防ぐことは難しいため、どうしてもクマが消えない!という方は病院などに相談することも有効な手段です。

美容皮膚科に相談するという方法は即効性のある方法の一つ

できてしまったクマを早く治したい!という方は、美容皮膚科に相談するというのも一つの手です。

ご自宅でセルフケアで治すには限界があります。

クマがたくさん出てしまった!とかクマを今すぐ消したい!という方は相談するべきでしょう。

当院にも目の下のクマのご相談に来られる方は非常に多いです。

フォーシーズンズ美容皮膚科で肌再生医療を行った方は、目の下の肌のハリ・質感・クマ。

全てが全く自然のままに改善されています。

そもそも、肌の再生医療は、自分自身の細胞を移植するだけ。

ヒアルロン酸やボトックスなどの薬品や、金の糸やリフト糸のような人工物を使った治療ではありません。

また、お腹の脂肪を取ってきて目の下に入れて膨らませる「美容整形」とも一線を画す方法で大きなリスクもない方法です。

どうしても目の下のクマが治らないという方は、当院にお気軽にご相談ください。

フォーシーズンズ美容皮膚科の認可

 

【厚生労働省受理クリニック】

再生医療第2種

自家培養真皮繊維芽細胞移植術

【移植施設クリニック】

フォーシーズンズ美容皮膚科

兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1

金沢三宮ビル8階

電話078-321-1121