10年後も美しい肌でいることは、多くの人の憧れです。

基礎化粧品だけでは皮膚の状態の根本的な改善は難しく、各所で様々なアンチエイジングの方法が研究されています。

その中でも、PRP皮膚再生療法は肌再生をすることで、しわやたるみなどの悩みを解消する最先端治療として、話題になっています。

そこで、PRP皮膚再生療法について、効果や仕組みなどを紹介します。

PRP皮膚再生療法ってなに?

PRP皮膚再生療法は、自己多血小板血漿注入法とも呼ばれています。

PRPとは「Platelet Rich Plasma」、つまり多血小板血漿の略語で、血液の中でも特に血小板などが多く含まれている部分です。

血小板はもともと、止血に有効であることが知られていました。

しかし最新研究によって、血小板に多く含まれるサイトカインが、コラーゲンやヒアルロン酸を増幅させ、皮膚を細胞レベルで活性化させることがわかりました。

この効果に着目し、自分の血液から採取した血小板血漿を皮下組織に注入し、肌再生を促す治療法がPRP皮膚再生療法です。

PRP皮膚再生療法って何に効果があるの?

PRP皮膚再生療法は、サイトカインの効果によって、しわやたるみなどが改善されます。具体的には、顔の各部分や首のしわや小じわ、たるみや毛穴などの改善です。

顔のリフトアップや、ほうれい線なども薄くし美肌を目指すことができます。

 

また、デコボコや赤みにも効果があるので、ニキビやニキビ跡(クレーター)の改善も期待できます。

さらに、血小板血漿の注入に水光注射を用いることで、シミの改善や美肌効果などもあるケースがおおいです。

また、自分の血液から採取した血小板血漿を用いるので、アレルギーや感染の心配がなく、副作用がとても少ない治療法です。

 

コラーゲンの生成などによって皮膚組織の再生が行われることで、新しい皮膚に生まれ変わり、効果は半永久的に続きます。

注射によるリフトアップの中には、治療から数か月間で効果がなくなるものもありますが、PRP皮膚再生療法は皮膚を新しくするので、自然な老化以外は効果が長持ちするのです。

つまり肌再生によって、にきび・シミ・しわなどを改善し、アンチエイジングができるのがPRP皮膚再生療法です。

PRP皮膚再生医療の効果により、 フェースのたるみ改善、シワ改善、毛穴改善、深いシワ、フェースを引き締め小顔の基本ベースを作り、更に若き頃の自身に戻し、お肌に透明感と輝き美肌効果を実現させました。

これがPRP皮膚再生療法です。ご自身の血液成分を使うので安全で副作用が無く治療効果が高く、PRP効果で年齢と共に垂れ下がった顔、毛穴、シワ、ちりめんジワ、たるみ、目の下のクマ改善、ほうれい線、ニキビ跡などが改善された後は、PRP施術後は自然な年齢による老化以外、半永久的に長持ちすることが「PRP効果」の画期的な特徴です。

また一般的なシワが取れるだけでは若くは見えません、フォーシーズンズ再生医療 PRP効果では「若返り、アンチエイジング」という根本治療でベース作りを実現し、自身のお肌年齢を若き頃の自分に戻り、透明感、輝きのある引き締まった美肌効果を実現しました。

PRP療法は顔全体のアンチエイジングを実現する訳ですから当然特にきになる「PRP目の下の再生、PRPほうれい線再生、PRPゴルゴライン再生、PRPマリオネットライン再生、PRPニキビ跡再生、PRPニキビ跡クレーター再生、PRP手のひら再生、PRP首」改善します。 PRP水光注射注入と特に深いタルミ、シワには再生医療有名医師によるマイクロカニューレ注射で深いシワ・くぼみを改善する皮膚細胞の根本治療も可能です。

PRP皮膚再生療法はどうやって行うの?

PRP皮膚再生療法は、メスを使わない、手術をしない治療であることが特徴です。

まず、自分の血液を注射器で採取します。その血液から、遠心分離器を使って血小板などが多く含まれたPRP(多血小板血漿)を取り出します。

そして、PRPを水光注射やマイクロカニューレなどを用いて、顔全体や首、手のひらなどの皮下組織へ注入します。

 

水光注射とは、皮膚のとても浅い層に注入するための器機で、決められた深さに決められた量のPRPを、自動で注入することができます。また、針は少し経ってから抜けるので、注入されたものが着実に組織浸透されます。また、痛みや内出血も少ないです。

水光注射や注入機器についてより詳しく知りたい方はこちらへ

マイクロカニューレとは、非常に細く先がとがっていない針で、注射針の先端ではなく横に穴が開いています。この針を用いることで、治療箇所へピンポイントに注入することができ、痛みや出血も少ないです。

注入された血小板に含まれるサイトカインの効果によって、自己成長因子が働き、コラーゲンやヒアルロン酸が生成されます。すると、肌再生が行われて皮膚が若返ります。

PRP皮膚再生療法は皮膚の中(皮下組織)にPRPを注入するため、皮膚の表面に大きな傷をつけずに、皮膚細胞の再生や修復を促すことができます。また、メスを使った手術を行わないため、治療直後からメイクをすることができます。

そしてPRP皮膚再生療法は肌再生によって効果を得るため、肌が再生してその効果を実感するまでに2週間から4週間程度の期間がかかります。また、何らかの人工的な成分を入れるわけではないので、仕上がりがとても自然です。

PRP皮膚再生療法で肌トラブルを解決!

PRP皮膚再生療法は、血小板に含まれるサイトカインによって、たるみやしわ、毛穴やにきびなど、あらゆる肌トラブルを改善することができます。

たるんだ頬や目の下のクマ、ほうれい線や目元のちりめんじわなどは、どうしても年齢を感じてしまいます。そういった部分を改善することでアンチエイジングができ、10年後も美しい肌でいられます。

PRP皮膚再生療法でアンチエイジングしよう!

PRP皮膚再生療法は、血小板に含まれるサイトカインの効果を利用した、最先端の肌再生医療です。

自分の血液から採取した血小板を用いるので副作用はとても少なく、安全性の高い治療法となっています。

肌再生によってアンチエイジングをし、10年後も美しい肌を目指しましょう。

フォーシーズンズ美容皮膚科のハイクオリティーPRP成分抽出の手順


遠心分離機によるPRPハイパワー血小板の抽出

フォーシーズンズのPRP注入施術は安全で効果絶大です

肌再生医療に効果のないFGF、白血球の混入しないので安心した最強PRP効果が得られます。


重要 (プレミアムPRPというFGFはシコリ原因となり大変危険です)

正しい、PRP皮膚再生療法は「ご自身の血液のみ」で「肌を自然に再生」しますので、「安全で効果絶大な半永久的な肌再生を実現」し、感染やアレルギーの心配もありません。また、当院では、「人工的に膨らませる成分である成長因子(FGF)をミックス」させる方法を採用しておりませんので、「しこり」などができる心配もありません。

FGFの単独注入は勿論のこと、FGFをPRP注入で混入投与しても肌は再生しません。
FGF混入は肌の細胞にとって良いことは一つもありません。人工のFGFは美容目的で開発されたものでなく、なかなか治らない床ずれや火傷など皮膚潰瘍に対して、肉を盛り上げ傷を閉じるためのものでや肌に回復(再生)するのではなく、つまり元の健康な肌とは違うものが永久に残ることにもなります。
しこり以外にも、肌が不自然に膨れてしまったという被害も出ています。
再生などという言葉に騙されないようにすべきでFGF注入は細胞の自然な働きによる治療ではありません。
フォーシーズンズ美容皮膚科ではクオリティーの高く、科学では作れない自己の多血小板血漿のみで、PRP注入を行うからこそFGFミックスよりはるかに半永久的に近い絶大な効果が発揮できるのです。

素晴らしい輪郭形成作りのベースともなります。

PRP療法は自分自身の血小板を使うだけなので副作用もなく本来の自分自身のDNAを変えることなく自然な若返りと、お顔全体のバランス、引き締め、フェースアップなど整うことにより、本来の悩みであったコンプレックなお顔の各部位、形など気にならなくなる為、危険で高額な輪郭形成手術や脂肪吸引、ヒアルロン酸注射、ボトックスなども必要が無くなったと言われる患者様が大半を占めるようになりました。

 

フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科 (PRP肌再生名医)

https://four-seasons.jp/prp/

リンク先