PRP皮膚再生療法は美容に効果的だとという話は、興味のある方は知っていると思います。

肌再生療法はあらゆる肌トラブルに対応した方法だといわれています。

しかし、PRP皮膚再生療法についてのリスクの一つで肌にしこりができるという噂がありますが本当なんでしょうか?もしそうだとしたら気になりますよね。

そんなPRP皮膚再生療法としこりの関係について解説しています。

しこりとPRP皮膚再生療法の関係

PRP肌再生療法にはしこりができるリスクは確かにあります。

ですがしこりのリスクがつきまとうのは、「人工的に膨らませる成分である成長因子(FGF)をミックス」方法です。

この方法の場合、しこりをはじめとしたリスクは高いといわれています。

FGFの単独注入は勿論のこと、FGFをPRP注入で混入投与しても肌は再生しません。

FGFという方法はあまり好ましい方法ではないのです。

FGF混入は肌の細胞にとって良いことは一つもありません。

ではどんな方法がいいのというと、次のような方法が主流です。

しこりができない正しいPRP皮膚再生療法

正しいPRP皮膚を行えば、PRP皮膚再生療法を行ってもしこりができるリスクはなくなります。

ではどんな方法が正しいのでしょう?

正しくてリスクの少ないPRP皮膚再生療法とは、「ご自身の血液のみ」を使用し肌を再生させる方法です。

効果に関しても、FGFを使用する方法に比べても長持ちさせることができます。

クオリティーの高い自己の多血小板血漿のみで、PRP注入を行うことが肌再生の近道なのです。

しこりを作らないためにPRPの濃度も大切

もう一つ、しこりを作らないために大切なのは濃度です。

PRPの濃度を上げすぎると、肌にしこりが残る危険性も高くなります。

PRP皮膚再生療法についての知識が浅いかたが施術を行うと、この濃度の両性がうまくいかないことがしばしばあります。

本来なら肌の状態をみながら、リスクを高めないように施術を行うことが絶対的に必要なこと。

皮膚の状態・シワの状態をみて適切な濃度のPRPで施術を行う必要があります。

結論は、やはり資格を持った医師のいる病院で行うのが一番安心できるといえるでしょう。

PRP皮膚再生療法は若返りに本当に効果はある?

PRP皮膚再生療法については、若返りに対して効果があるのか疑いのある方もいると思います。

PRP皮膚再生療法は毛穴 、 小顔 、 輪郭形成、ニキビ跡、目の下のクマ、目の下のたるみ、二重アゴ、垂れ目、たるみ毛穴、目の下のクマ をはじめとした全般の若返りにおいて効果があります。

肌の若々しさを手に入れたいなら、PRP皮膚再生療法は効果的な治療方法であるといえるでしょう。

 

若返りにおいて最適な方法という声もあります。

リスクも確かにありますが、基本は正しい方法・医師の指導の下で行うことでそういった可能性は減らせます。

肌をきれいにしたい、若返りしてみたいという方は、ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

 

PRP皮膚再生療法によるビフォーアフター写真

※この症例写真はフォーシーズンズ美容皮膚科のオーナーが自らPRP皮膚再生療法を「1クール(3回) 治療期間約2ヶ月」行った結果です。

 

PRP皮膚再生療法・治療後ビフォーアフター写真

向かって左側:PRP皮膚再生療法 治療前
向かって右側:PRP皮膚再生療法 治療2ヶ月後(PRP皮膚再生療法 1回のみ)