目の下のたるみやクマは、お肌の悩みの中でも改善が難しいものの一つです。

たるみやクマの改善には、肌を若返らせる肌再生療法での根本的な治療や予防が効果的だとされています。

ここではそれ以外の予防方法の有無や、たるみやクマができる原因、肌再生療法の個人差などについて説明します。

目の下にたるみやクマができる原因とは?

目の下にたるみやクマができる原因には色々あります。

一般的に認知されている主な原因としては、肌の老化による目元の筋肉の衰えや色素沈着などが挙げられます。

しかしながら、そのような老化現象が原因のもの以外でも、目の下にたるみやクマができるケースがあります。

それは生活リズムの乱れによる睡眠不足や、スマホの見過ぎなどからくる眼精疲労が原因のケースです。

人間の目というのは物を見る時には常に動いています。

そのため、スマホなどを見ている時間が長いと目が疲れやすくなり、目の周りの血行不良を起こしやすくなります。

そして、結果的にその血行不良が原因で目の下のたるみやクマに繋がってしまうのです。

また、骨格などの遺伝的な原因から先天的に目の下にクマができやすい体質の人もいます。

遺伝的にクマができやすい人は、比較的目が大きかったり、目の周りの骨が飛び出していたりなどの特徴を持っていることが多いです。

では、クマの改善手段を順にみていきましょう。

目の下のたるみやクマを予防するマッサージ方法について

目の下のたるみやクマのお手軽な改善手段としては、マッサージがあります。

とくに血行不良が原因でできているたるみやクマには、マッサージをすることで改善できるものも多くあります。

すぐにできる簡単なマッサージとしては、目を閉じて左右の薬指を両方の目頭と目尻の間を往復させてほぐすマッサージがオススメです。

これを行うことで目元の血行不良の改善がある程度期待できます。

他にも、毎日のシャンプーの時に頭を中心としたマッサージを取り入れるのも有効です。

何故ならば、頭のマッサージを行うと顔全体の血行がよくなるためクマなどが改善される可能性があるからです。

具体的な頭のマッサージ方法を説明します。

まずは、両手の親指をのぞいた4本の指をこめかみに当てて、残っている親指を後頭部に添えるようにして頭を固定させます。

その後に、親指以外の指を円を描くように同時に回転させて、時々親指の位置を動かしながらマッサージを行うだけです。

こういったマッサージは特殊な道具などを必要とせず始めやすいため、簡単にできる予防方法としてオススメです。

しかしセルフケアでは完全な治療は難しいのです。

ではどうしたらいいのか、と思うかもしれませんがそんな方には肌再生がオススメです。

肌再生療法の効果とは?

肌再生療法は、患者の肌細胞などを使用して老化や紫外線、ステロイドなどにより衰えてしまった肌を再生させる治療法のことです。

肌全体に働きかけることから、目の下のたるみやクマの改善に対しても大きな効果は期待できます。

ただし、厳密には目の下のたるみやクマだけを対象にした治療法ではないため、効果には個人差がでやすいです。

特に、20代のような若い女性のクマなどの場合は原因が眼精疲労やストレスなどであることも多いです。

そのようなケースでは、肌再生療法をしても肌の老化が原因ではないため、クマなどが改善される可能性は低いといえるでしょう。

また、若い女性でなくても最初の段落で述べたように、骨格などの遺伝的な要素からたるみやクマができやすい人も存在します。

したがって、目の下にたるみやクマがあるからといって肌再生療法を行えば確実に改善できるというわけではないのです。

目の下のたるみやクマを確実に取り除きたいのならば、老化以外の様々な要因や色々な治療方法などに関する知識が必要になります。

たるみやクマの中には前段落に記載したようなマッサージで改善できるものも存在します。

ですから、肌再生治療だけが解決方法ではないことには一応留意しておきましょう。

しかしながら、肌再生療法のがセルフケアよりも大きな改善が期待できます。

もし、肌再生療法を行うかどうかを迷っている人は、肌再生療法を行ったモニター患者の写真などを参考にして、どの程度の改善が見込めるかを把握してから決めるといいでしょう。

クマの種類別の美容施術は

肌再生以外にも、クマを改善するための美容施術があります。

実はクマには種類があり、種類別に効果的な美容施術は異なります。

そんなクマの種類別の原因とおススメの美容施術について解説させていただきます。

茶ぐま

茶ぐまは色素沈着によるクマです。

特徴としては、色素が沈着したものなので、皮膚を指でひっぱっても薄くならないことがあげられ、メイクで隠すことができます。

茶ぐまは色素沈着=メラニンが原因です。

  • 目の周りをこするなどの刺激
  • 乾燥によるかゆみ
  • マスカラなどの落ちなかったメイク

などが原因で色素沈着をおこしくまに見えるのです。

おすすめのケア方法

  • 美白化粧品による美白ケア
  • イオン導入(ビタミンC)
  • ピーリングなど

しかし皮膚の奥にある真皮にまで達している色素沈着が原因の場合はレーザー治療が有効です。

黒ぐま

黒ぐまは加齢による皮膚のたるみやへこみにより皮膚に影が出来て現れるくまです。

特徴として、皮膚のたるみやへこみによりできる影が原因のため、顔を上にあげたり、引っぱったりすると薄くなります。
メイクでも隠せません。

黒クマの原因は以下の2つです。

  • 目の下の脂肪が生まれつきもしくは加齢により少なくなってきたこと
  • 加齢により目の下の脂肪を支える筋肉がゆるみ目の下の脂肪が目袋となりその下がへこむことによりできる

お勧めのケア方法としては以下があります。

  • 幹細胞治療
  • PRP皮膚再生療法
  • ヒアルロン酸注入
  • LDM-MED(高密度超音波治療)など

黒クマのケアには上記の施術が中心ですが、原因である目の下のたるみやへこみを改善するために、お肌のハリや弾力を取り戻すことができる施術がおすすめです。

青ぐま

青クマの特徴は、指で皮膚をひっぱると薄くなりますが、完全に消えることはないということです。
メイクで隠すことができます。

原因

  • 体の冷え
  • 生活習慣・ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • 疲労、ストレス、目の疲れ

など、血流が悪くなるようなことにつながることが原因です。

おすすめのケア方法

  • 適度なマッサージ
  • お顔(身体)をあたためる
  • インディバ

青クマの改善には、血流をよくするためのケアがおすすめです。

フォーシーズンズ美容皮膚科では様々な施術を提供可能

神戸のフォーシーズンズ美容皮膚科では、クマを改善するための肌再生両方や、様々な美容施術を提供可能です。

マッサージなどのセルフケアもありますが、基本的には美容施術を受けてみるのが効果的にはベストです。

お悩みの方は、ぜひ当院のホームページもご確認ください。

症例写真

※肌再生治療

※顔全体治療

 

フォーシーズンズ美容皮膚科の認可

【厚生労働省受理クリニック】

再生医療第2種

自家培養真皮繊維芽細胞移植術

【移植施設クリニック】

フォーシーズンズ美容皮膚科

兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1

金沢三宮ビル8階

電話078-321-1121